テストする人。

ソフトウェアテストってわかんない。ソフトウェアテスタ-による、ゆるゆるブログ。

チャンスをつかめる人の話

チャンスをつかめる人って彼女*1のことを言うのねと目の当たりにした。

誘われたら躊躇なくカウンター気味に「やる」と言える

これができる人は非常に少ないというのが、ここ数年でわかったこと。
殆どの人は、自分の中で調整しようと考えてしまうっぽい。
ここである意味後先考えずに「やる」と言える人って、チャンスを絶対つかみやすいと思う。
だって、席の数は決まってるんだもの

できるためのネタを持っている(何らかのアウトプットをしている)

今回の場合、彼女は

  • ブログを書いていた
  • ブログをもとにしたLTの資料を作成していた

そのため、今回は殆ど資料作りなどの時間を確保せずに登壇できる。 それ以前に、ブログを書いていたから知ってもらえたわけで、 ブログもLTも出してなかったら、今回の登壇は難しかったんだと思う(それでも彼女はやれると思うけど)

発言が前向き

今回のこの話って、ちょっと担がれた感がなくはないのですが
それに対して彼女は

「やらせてください」

と言えちゃうのって、本当すごいと思う。
若いからとか、そういうことじゃなくて、
彼女の強みだと思うし
だからこそ、周りの大人たちは期待してしまうんだと思う。

学生の場合、「自分のことをわかってなくていきがってる」とか、なんか変な自信があると感じる子が多い中
自然体で自分をわかっているってすごいなぁ

ということで

わたしもここぞというときにはチャンスをつかんできてたはずなんだけど、 ちょっと気を抜いている(というかちょっとお休み中)なので、 またどっかのタイミング(2月上旬かな)でアクセル全開になろうと思います:)

*1:私の妹的キャラと言われているけど、彼女は優秀。そういえば、私が実行委員はいったのも、彼女の先生からの薦めだったので、ある意味姉妹関係なのかもしれない