テストする人。

ソフトウェアテストってわかんない。ソフトウェアテスタ-による、ゆるゆるブログ。

モデレータに初挑戦するぞい

前回書いたのですが、
今度、モデレーターというものに初挑戦します。

JaSSTソフトウェアテストシンポジウム-JaSST'19 Tokyo-セッション概要

テストマネジメントのセッションは
この数年実施されている人気セッションです。

そのモデレーターというものに任命されて
ほんとうにありがたいわけですが、
何しろモデレーターも初めてだし
テストマネジメントもきちんとやったこともないわけで・・・・

さて、どうしようかと思ったら、あの t_wadaからありがたい
お返事をいただきました。ネ申かよ(ちがうよ、ライオンだよ)

ありがたく拝聴拝見しました。
ほんとよい内容でした。

実践したい内容

名前と紙とペンを用意しておく

今回のセッションは気心も知った(と勝手に思っている)仲なのですが
もし緊張で名前が飛んでしまったら・・・・

また、何か次までに言わないといけないことを思い出したり
全体の流れを把握するのにも アナログの紙とペンは必要かなって思います。

紹介は短く

podcastの方かな?にあったのですが、紹介がいつまでも続き本題に入らない。
パネルディスカッションは、そのディスカッションの臨場感を聴きたいのに。という話し。
たしかに私もありました。30分くらい紹介されているの。

もう、すぐ!すぐ入れるようにがんばります。

まもなく本会です

パネリストの方々は、もうその3人で話していれば間違いなく面白いし
めちゃめちゃ勉強になる(セッションのためのミーティングの時点でめちゃめちゃ勉強になるわけです)のはわかっているので
モデレーターの腕の見せ所はないかもしれません。
それで、モデレーターのせいで台無しにならないように
がんばろうと思います。

できれば身内感を出さずに
最大限参加者も含めたみんなでキャッキャできるといいなぁ