テストする人。

ソフトウェアテストってわかんない。ソフトウェアテスタ-による、ゆるゆるブログ。

リモートワークで省エネになりすぎた

自宅リモートワーカーとして、時々「会社に導入提案したいけど、メリットとかデメリットとかない?」という相談を受けるようになりました。

特にネットで探しても、いいところより懸念点の方が多くあるような気がするし
リモートワーク一部導入の人や、やったことない人だと「俺は自宅で仕事できない」「誘惑が多い」みたいな話も聞きます。

私は自宅リモートワーク最高!派なんですが(↓に最高部分のエントリーを書いています) underscore42rina.hatenablog.com

じゃ、本当にデメリット0なの?というところを今回まとめてみようかなーと思います。

良くも悪くも省エネになった

お昼休みも就業後も、そこで勉強したり、社外活動をすることが減りました。
私の性質なんですが、「ついで」駆動が得意のようで、時間がないと思うとどんどん同時稼働で色んなことをはじめるんですね。

以前は、会社にいる時間を少しでも短くするため、自宅で休める時間を作るために
お昼休みに社内でご飯を食べるときは、その時間の残りを社外活動のメールを送ったり、
テストの共有会(テストランチ)をしたりしていました。(テストランチは他の参加者もご家庭の事情で就業後残れないという理由もあったからなんだけど)

今は、お昼休みは1時間ゴロゴロしたり
就業後にパソコンを触ることもなくなって(ミーティングとか宿題があるのでゼロではないけど最小限になった)

ちょっと良くないかもなーと思いました。

欲がなくなってきた

自宅にいることが多いので、余計なお買い物が減ったのはうれしいのですが
Amazonとかのネットショッピングすら必要としなくなりかけていました。

欲そのものがなくなってきていました。びっくり。

それは本当に必要なものではなかったと思えばいいことでもあるんですが、
今の生活以外の新しい刺激となるようなものも欲することがなくなっていて
それがこのまま続くのは心身として本当に健康とはいえないのかも?という気持ちがありました。

今のところはぎりぎり大丈夫

月に1度は市内の勉強会や用事で行くことがあるので
まだ大丈夫かなぁと思っています。

久しぶりに東京行ったときに物欲も戻りましたw
いいのかどうかわかんないけど。

結局自宅リモートワークはどうなのよ?

差し引きしてみても、それでもベースはおうちでリモートワークは好きです。精神的に安定します。(刺激少ないけど)

ただ、ときどきは外の刺激をうけるのは大事だなぁと思いました。

これから会社でリモートワークの導入を検討したい方は、

  • リモートワークのメリット
  • リモートワークのデメリット
  • オフィスのメリット
  • オフィスのデメリット

の4項目と、仕事と生活の軸を一緒に検討するといいのかなぁと思います。